材料試験機・引張試験機・摩耗試験機・衝撃試験機・治具チャックなど物性測定試験機 コムテック製品
アイ・ティー・エス・ジャパン株式会社

HOME > 製品ラインナップ > 開栓トルク試験機 > プログラム式開栓トルク試験機試験機

■プログラム式開栓トルク試験機


◎型式:QC-42111


主な特徴:
この装置は、サーボモーターを搭載したモデルです。サンプルを自動回転させ、時計回り/反時計回りのトルク解析を行います。解析に役立つソフトウェアが標準装備されています。静的トルク、動的トルクなどの解析が可能です。異なる速度条件下でのサンプルのトルク値を解析することができます。試験中、トルク曲線とねじれ方向がリアルタイムで表示され、サンプルを回転させると、サンプルのトルク値が記録されます。サンプルのクランプ方法は、ユーザーから提供されたサンプルサイズに応じてカスタマイズされた固定具を使用することが可能です。

■仕様

測定範囲 3 / 6 / 10 / 15 / 50 N-m
トルク解像度 1/10,000
トルク単位 MN-m、kN-m、N-m、N-cm、mN-m、kgf-m、kgf-cm、kgf-mm、gf-cm、gf-mm、lbf-ft、lbf-in、ozf-in
回転速度単位 N-m, mN-m, N-cm, kgf-cm, gf-cm, lbf-ft, lbf-in, ozf-in    
測定分析 rev/min(RPM)、deg/min、(RPH、RPSはソフトと接続)
変位単位 rad、deg、(revはソフトと接続)
駆動モーター サーボモーター
回転速度 0.05 - 100.00 RPM (180.00 - 36000.0 deg/min)
デジタル入力調整
測定方向 時計回り、反時計回り
角度解析 0.01°
サンプリング速度 1200Hz
試験スペース 幅: 最大340mm
高度:最大400mm(チャックを含まず)
チャック サンプルにより特注
操作方法 装置及びパソコンから専用ソフトウェアで操作と分析
本体サイズ 70cm(長さ)X40cm(幅)X106cm(高さ)
本体重量 70kg
電源 単相AC 100~240V.5A
接続方法 RJ45(TCP/IP)
特徴 1、測定過程はトルク値とグラフを即時表示されます。
2、機体は時計回り、反時計回り、多種なトルク、回転速度、角変位などの単位を設定可能。
3、手動でクロスヘッドの高さを調整可能。

■アクセサリー

◎標準キャップトルクグリップ(オプション)
チャッキングスペース
上チャック: 10-75 mm
下チャック: 10-190 mm

■ソフトウェア機能

・多段階試験設定、サイクルテストをサポート
・測定画面はデータ表示やグラフ表示を選択することができ、同時表示も可能
・サンプリング速度は最高1200Hzまで設定可能
・操作方法:キーボード、マウスでパソコンで測定
・プラットフォーム:Windows
・日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語が表示可能
・操作モード:TCP/IPインターフェースでパソコンと接続
・単位変換可能(国際単位または英単位系)
・グラフ調整可、データの位置はご自由に調整可能
・測定画面はデータ表示やグラフ表示を選択することができ、同時表示も可能
・グラフのX-Y軸の調整、特定のスポットのマーキング、範囲のマーキングなどをサポートします。
・ソフトウエア保護:ストロークオーバー、荷重容量オーバー保護、時間オーバー停止、最大トルク降下量自動停止
・測定条件をプログラム化して、人的ミスを減らします。
・重点的データ収集、データの上限と下限を設定可能